オリックス銀行のカードローン、審査で落ちたときに考えられる原因


オリックス銀行カードローンの申し込みをしても、残念ながら審査に落ちてしまうことがあります。落ちたとしても、正確な理由は教えてもらえないものです。仮審査で可決をされたとしても、そのあと落とされてしまうこともあります。

オリックス銀行カードローンで審査に落ちてしまったときに考えられる原因の一つに、申込書も記入がとても雑で空欄が多かったり、必要事項が正確に記載されていなかったりする場合に落ちることがあります。もちろん、虚偽の内容を記載していても通りません。勤務先に在籍確認の電話がかかってきても、その電話をとらなくて確認できなかった場合も通りません。

オリックス銀行や保証会社のスコアリングで一定の基準点に達していないということも落ちる原因として考えられます。申込書の属性で落ちることもあるのです。雇用とか住居形態、勤続年数や年収などです。どれかひとつでも、最低ラインに達していない時点で、ほかの属性がどんなに評価が高かったとしても落ちる可能性は高くなってしまうのです。

勤続年数は、短い場合は、6ヶ月以内という場合に落ちる可能性が高くなります。さらに、申し込みブラックであったり、一度に三社以上の申し込みをしている場合も通らないので注意が必要です。

そのほかには、支払い延滞などの情報が、個人信用情報機関に登録してあった場合にも通りません。過去のクレジットなどの利用歴の中で、何度も支払いの遅れがある場合にも落ちることがあります。