新規と増額の在籍確認とは?バンクイックは銀行名での連絡?


新規申し込み時には必ず在籍確認があります。
時には増額の申込時にも在籍確認があることがあります。
この在籍確認、どういうものなのでしょうか。

お金を借りることを申し込んだ時、契約者と会うことはない申し込み方法も一般的となっている現在、申込書に記載された内容だけを信じて契約をするのであれば金融業者にとって大きなリスクになってしまいます。
年収に多少の違いがあったとしても勤務先に嘘があればどうでしょうか。
そもそも収入がない可能性すら出てきます。
在籍確認をすることは申告された勤務先に電話をするということです。

消費者金融のプロミスでも、バンクイックなどの銀行でも基本的には担当者が個人名での連絡をすることとなります。
成りすましをすることができませんので金融業者からの電話で保険屋を名乗ってくれ、もしくは家族を名乗ってくれということには対応できるものではありません。
しかしプロミスは消費者金融以外のなにものでもありませんが、レイクは新生銀行であり、バンクイックは三菱東京UFJ銀行となります。
そのため担当者の個人名ではなく銀行として在籍確認を行うことはできます。

営業であったり外部からの電話が多い部署で働いているのであれば問題はないでしょう。
しかしパートやアルバイトであったり外部からの電話が個人に対してかかってくることがない職場であれば個人からの電話などなおのこと怪しく感じるものです。
銀行からということで電話をしてもらった方がいくらでも言い訳を考えることができるかもしれません。

オリックス銀行のカードローン、審査で落ちたときに考えられる原因


オリックス銀行カードローンの申し込みをしても、残念ながら審査に落ちてしまうことがあります。落ちたとしても、正確な理由は教えてもらえないものです。仮審査で可決をされたとしても、そのあと落とされてしまうこともあります。

オリックス銀行カードローンで審査に落ちてしまったときに考えられる原因の一つに、申込書も記入がとても雑で空欄が多かったり、必要事項が正確に記載されていなかったりする場合に落ちることがあります。もちろん、虚偽の内容を記載していても通りません。勤務先に在籍確認の電話がかかってきても、その電話をとらなくて確認できなかった場合も通りません。

オリックス銀行や保証会社のスコアリングで一定の基準点に達していないということも落ちる原因として考えられます。申込書の属性で落ちることもあるのです。雇用とか住居形態、勤続年数や年収などです。どれかひとつでも、最低ラインに達していない時点で、ほかの属性がどんなに評価が高かったとしても落ちる可能性は高くなってしまうのです。

勤続年数は、短い場合は、6ヶ月以内という場合に落ちる可能性が高くなります。さらに、申し込みブラックであったり、一度に三社以上の申し込みをしている場合も通らないので注意が必要です。

そのほかには、支払い延滞などの情報が、個人信用情報機関に登録してあった場合にも通りません。過去のクレジットなどの利用歴の中で、何度も支払いの遅れがある場合にも落ちることがあります。

アコムの契約機「むじんくん」で申し込むメリット


アコムの契約機はご存じ「むじんくん」です。消費者金融で初めて無人契約機を導入したのはアコムなのですが、現在もまだまだアコムむじんくんでの申し込みは人気が高いものですね。

誰にも会わないということなら、ネットもあるのですがむじんくんはその場でカード受け取りができるというスピード感が違います。また、むじんくん越しにその場でオペレーターに質問もできることから、店舗とネットのちょうど中間のような申し込みやすさがあるのが最大の特徴でしょう。

むじんくんにはATMコーナーも共にあります。むじんくんでカードを受け取ってそのまま借り入れという流れができていますので、すぐにお金を準備したい方に根強い人気があるのです。

さらに、むじんくんでカード受け取りだけもできるのです。ネットでの申し込みとむじんくんでのカード受け取りという合わせ技で、待ち時間を最小限にすぐに借り入れもできるという理想の借り入れが実現しています。

急いでいる方は特にむじんくんへ申し込みやカード受け取りに行くときには、身分証明書を持って行くことを忘れないようにしましょう。申し込み金額によっては収入証明書も必要になります。

むじんくんの場所は、アコムのサイトで検索しておきましょう。営業時間が30分ほど違うところ、駐車場があるところ、ないところ、アコムマスターカードが発行できるところ、できないところ、と少しずつ違いがあります。自分が申し込みをしやすいむじんくんを選ぶ必要があるのです。

今すぐ借入したい人は即日キャッシング


お金が必要になる状況はさまざまで、理由もいろいろあるでしょう。ただ、共通しているのはそれほど時間がない、ということです。急いでいないなら次の給料日まで待てば良いわけで、それができないからキャッシングの利用を考えるのでしょう。急いでいるといっても2~3日以内で良いのか、それとも即日必要なのかによって、選ぶべきサービスも変わっています。今日中に何がなんでもお金を手にできないと困る、という場合は、即日融資に対応しているサービスを選ぶしかありません。
幸い、その日のうちに融資を実行してくれるキャッシングサービスは数多くあります。大手の消費者金融はほとんどが当日の融資に対応しています。銀行でも当日振込に対応しているところはいくつかありますので、金利等を比較してみると良いでしょう。
キャッシングの利用を検討している人の中には、中小の消費者金融のほうが審査が甘く、すぐに貸してくれるのではないか、と思っている人もいるかもしれません。しかし、急いでいる人は大手の消費者金融を選ぶほうが確実です。消費者金融はとにかく審査の早さを売りにしており、大手ほどそのシステムも確立されています。WEBで申し込みをして本人確認の書類もメールで送付できるなど、当日融資に向けた環境が整っています。中小の消費者金融も、一応は即日融資可能などと謳っていますが、実際には大手ほど早くありません。利用してみると返済方法が限られているなど、使いづらいこともあります。急いでいる人は、誰もが名前を知っているような大手消費者金融を強くおすすめします。
キャッシングで即日借りれる【お急ぎの方必見】はこちら